絹と九谷コレクション・ふづき

日本の一流品を身近かな製品からご紹介

TOP | FLOSS Silk | 袋真綿・角真綿

シルクの専門店「ふづき」としましての自負は、これらの真綿製品にあります。
【純国産】忘れ去るにはあまりにも惜しい日本人の知恵の伝統。
成り立ちから用途をご紹介しております。

角真綿、袋真綿、真綿づくり、まわた

 入金真綿・袋真綿(ふくろまわた)

 
大体、一枚30×15cmの袋状、
一枚の重さは2~4g、
透けてみえる厚さです
福島県保原町を中心に生産される真綿で、全国一の生産量を誇り、「入金真綿」という銘柄で全国に知られています。国産真綿の最高級品で、その大半は結城紬など高級紬織物の原糸として使われ、若干量が高級寝具用に使われます。
福島県産の繭だけを用い、今から370年前の慶長年間の頃に考案された「袋真綿」という製法でつくられています。繭5個でつくる袋真綿を何層にも重ね合わせて作り、1日に2人がかりで2枚のふとんしか作れないため、たいへん高価なものになります。

袋真綿1袋(10枚入り)

袋真綿500g

袋真綿1kg

 入金真綿・角真綿(かくまわた)

昔からふとんの引き綿として又、高級紬糸の原料として、
現在も大きな需要があります。
大体、一枚30×30cm四方、
一枚の重さは2~4g、
透けてみえる厚さです
 

角真綿1袋(10枚入り)

角真綿500g

角真綿1kg

コレクション

文字数と分野ご紹介の関係上、商品名ではありません。
商品名と詳細は各ページでご確認くださいませ。